風呂場の臭い

天敵はカビとヌメリ

風呂場での臭いの原因はほとんどがカビとヌメリです。

湿気のためカビが生えやすい場所ですので、換気を心がけて使用することが肝要です。

直接浴室に置いてあるラックの底や、石鹸ケース、扉などがカビやすいポイントですので特に注意が必要です。

それでもカビは生えることがありますので、生えてしまった場合はカビ除去のためのスプレーをさっとかけて、数分間放置した後、洗い流すだけでほとんどのカビは除去できます。

排水溝のヌメリも、先述のスプレーをかけて流すだけで大まかには除去できるので、それからスポンジなどで擦って除去させましょう。

排水溝の上に、髪の毛などを捕獲できるようなシートを被せておくと掃除が楽になります。

入浴後のひと手間

入浴後はなるべく長い間バスタブに水を残しておくことのないようにし、水アカがつかないようにしましょう。また、壁や天井の水滴は軽く拭きとるようにするとカビの発生率は格段に減少します。

面倒に思いますが、カビ発生のリスクや掃除の手間などを考えた結果、ちょっとした手間をかける方が良いと私は考えて実践しています。

これをするようになってから、我が家の浴室の臭いは全くしなくなりました。

訪問者の感想

正直、うちの風呂場も臭いがしています。これから掃除を始めようと思います。そして、入浴後は面倒だけれども拭き取りをしてこれ以上臭いが増えないようにしたいと思います。(川上様 女性)