おもいっきり楽しむために準備をしよう!

同窓会を楽しむためにも、周りから浮くことのない適切な服装で行きたいところですよね。

 

同窓会の開催場所に応じて服装は選択するべきですが、一般的にはこういったカワイイ服装で出席できる会が多いですね⇒Amel(エイメル) ブライダル・フォーマル対応ワンピ

 

こんな感じもGOODですね
 ↓ ↓ ↓


 

 


ちょっとオシャレなレストランでの同窓会

 

場所別・同窓会の服装をCHECK!

  ◆ ホテルや結婚披露宴会場の場合
  ◆ ちょっとオシャレなレストランの場合
  ◆ 居酒屋の場合
  ◆ 今一番オシャレな服装をチェック!

 

 

オススメのマキシワンピースをチェック!!

 

 

同窓会でよくある失敗ワースト3

 

同窓会に出席して楽しめなかったという人がいますが、そのほとんどは自分の格好や状態が適切ではないことに気がついてしまい、恥ずかしさや劣等感などを抱いてしまうことから起因しています。

 

同窓会を楽しむためにも、以下のよくある同窓会の失敗を確認しておいて欲しいと思います。

服装が浮いてしまっている

 

同窓会の会場はホテルだというのに、カジュアルな服装で着てしまう人は必ずといっていいほどいます。学生のうちならある程度は仕方ないとしても、いい大人がTPOをわきまえない服装で同窓会に来てしまっては確実に浮いてしまいます。

 

逆に、居酒屋でやるような同窓会なのに、煌びやかなドレスで来てしまうのもNGです。

 

服装のセンスはともかく、それ以前の問題だというような服装はちょっと考えればわかりそうなものですが、そもそも常識的なことを知らないで会場で恥ずかしい思いをしてしまう人が多いようですので、予め同雄会の服装について学んでおく必要があると思います。

 

昔の面影がないほどの変化

 

「えっ…、ずいぶん変ったみたいね…」

 

年はみんな平等にとるもの。しかし、見た目の変化の速度は人それぞれ。遺伝的な理由はあるにせよ、多くはそれまでの生活によって左右されるもの。体重増加、顔のしわ、白髪、肌のハリの低下などが、経年による主な変化です。

 

憧れだったあの人が…と幻滅させる人はいつの時代にもいるようです。あなたは大丈夫ですか?

 

なぜあの人はいつも若々しくいられるのか?と思われる人は、それ相応の対策をしているものです。同窓会で若く見られるための対策をしておくと、よりいっそう楽しむことができるのではないでしょうか?

 

今すぐできる同窓会前の対策

  ◆ 同窓会までになんとか痩せるための方法
  ◆ すぐに若返るための方法

 

現状が惨めなことになっている

 

明らかに仕事をしていなさそうだとか、見た目が汚い感じというのは、確実にドン引きされるでしょう。どこで人生を踏み外してしまった?と変な心配すらされてしまいかねません。

 

また、仕事が辛くて…、離婚して…などのような生活のグチが多い人が多く見られますので注意が必要です。

 

管理人の同窓会の後悔…

 

あれ、ちょっと太った?とは言わせない!

 

数年振りの同窓会で会う友達。そして大好きだったあの人。

 

「全然変わってないね」って言われたい。だからあの頃の姿に戻れるように頑張った。

 

同窓会までの約1ヵ月間で減らした体重は4kg。あの頃の体重に戻るのにはあと7kg届かない(初めから無理な挑戦…)けど、ダイエットに励んだからこそ自信を持って同窓会でみんなに会えた。服装はちょっとミスチョイス…。もっと大人の女性の服装をしていけばよかったと後悔した同窓会。だから、今度の同窓会までには最適な服装について勉強したいのでその成果をサイトに綴ることにしました。次の同窓会ではもっと楽しめるように、服装も自分自身も磨けるようにしていこうと思っています。

 

楽しい思い出を作ろう!

 

同窓会はとても楽しい。何年も会っていない友人たちだけれど、そのブランクを全く感じることなく打ち解けて話すことができる。同窓会のこうした雰囲気はやはり独特のものだ。

 

やはり持つべきものは友人だということを、同窓会の度に再認識させられる。また、昔はそれほど話をしなかった人ともなぜか、時を経た今なら話せるということもあるから不思議だ。憧れだったあの人ともたくさん話ができたなんてことは何にも珍しいことではない。昔のあの気まずさは一体何だったんだろう?

 

旧友たちの数年間の話、新しく話ができるようになった人との会話で、新しい発見がいくつもできるのが同窓会のいいところ。一瞬にして昔に戻れることや、人の歴史から多くの学びが得られることで人生の幅が広がるような気さえさせられる。同窓会に出席するには勇気がいるとい人もいるかもしれない。皆、平等に年を重ねている。自分だけが加齢していっているわけではないのだ。

 

年相応の状態で出席できれば浮いてしまうこともないはず。よっぽどの服装をしない限りは。また、同窓会の出席をモチベーションに、ダイエットをしたり服装のオシャレをしてみたりといったような使い方だってできるはずです。前向きに考えて、せっかくの機会を楽しんでほしいと思います。