遅刻することの意味

同窓会に参加するといつも思うのが、決まって遅れてくる奴がいるということ。

 

開始30分後くらいにいつも遅れて登場する。そして言うのが「いや〜仕事が忙しくてさぁ」という言葉。しかもちょっと得意げに。こんなプロジェクト任されちゃってさ〜なんて、聞いてもいないのにすぐにしゃべりだす。

 

仕事が忙しい=仕事ができるではないというのを、もしかしたら知らないのかもしない。単に仕事が遅いやつ、段取りが悪いやつなのかもしれないということに気がついていないのだろう。

 

仕事の能力はともかく、毎回少しだけ遅れるのはどういうことなのだろうか。注目を浴びたいとか、仕事ができるということをアピールしたいだけなのではないかと邪推してしまうのは私だけだろうか。

 

例えば、大好きなアイドルに会えるとなったらそれでもいつものごとく30分遅れるだろうか?結局は、大した価値をこの会に見出していないのだろう。だから遅れるのだ。その気持ちはきっと言動に表れてしまうはずだ。

 

常に人を大切にしたいと思っている人は、約束の時間に遅れるようなことはしないと思う。

 

後記

 

批判的な内容に終始した感があるが、遅刻することに対する認識が低い人が多いので書いてみた。「ちょっとくらい遅れてもOKでしょ」と軽い気持ちで遅れているのだとしたら、相手をあまりにも軽く見ていると言わざるを得ないのだ。

 

実のところ、私は昔はなかなかの遅刻魔だった。その時は、同じように人を軽く見ていたふしがあったのだ。それを自分dえ気がつくことができ、考え方を改めた。

 

同年代が集まる同窓会で、まだそのことに気がついていないような人たちを見て憤りを覚えることがしばしばあるのだ。今までの自分の戒めも込めつつ、一人でも気がつく人がいれば幸いと想い綴った次第です。