システム金融などについて

利息制限法

異常な高金利を取り締まることを目的とする法律です。私法(民法、商法など)上の金銭消費貸借に基づく債権の利息にだけ適用されます。金利が、元本10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満では年18%、100万円以上では15%を超える場合には、超過分は無効となります。

金利の上限を越える金利であっても「任意」に支払われたものについてはその返還を請求することはできません。しかし、任意で支払うひとは少なく、上限金利を超える過払い金が返還される場合が多いです。

金利の上限を越える金利であっても任意に支払われたものについてはその返還を請求することはできません。

出資法

出資の受入れの制限、預り金や高金利の禁止に関する法律です。業として金銭の貸付を行なう場合において、年29.2パーセントを超える場合で利息の契約をし、またはこれを超える割合の利息を受けとったときには、業者が罰せられます。

同じく債務整理に関する法律で利息制限法というものがあります。これは民法上の金利水準のため、民事で取締りをします。出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間のことをグレーゾーン金利といいます。

債務整理に関する法律で利息制限法というものがあります。これは民法上の金利水準のため、民事で取締りをします。

システム金融

中小企業にダイレクトメールなどで融資の勧誘を行い、申し込みをした人や企業に対して短期間で少額を非常に高い金利(2000%にも及ぶことがあります)で貸し付け、返済が苦しくなる頃に他の社名を使い、次々と融資をいって高金利で貸付を行います。

高金利により、元金が膨らんでいき、結果として短い期間のうちに債務者を破綻へ追い込んでしまいます。このようなシステム化されたような組織的な闇金業のことをシステム金融といいます。

組織的な闇金業のことをシステム金融といいます。