スコアリングシステムなどについて

担保

広義では将来生じるかもしれない不利益や損害に備えてその補償するもの、または現在、過去の不利益の補償をつけることをいいます。

通常は、債権者が被る不利益(ここでは債務不履行など)を考えて、あらかじめ債権の弁済を確保するための方法のことをさします。連帯保証人(人的担保といいます)や抵当権、所有財産の担保など(物的担保といいます)を債務の履行を確保するために債務者から債権者へ提供されるものが担保となります。

連帯保証人(人的担保)や抵当権(物的担保)を債務の履行を確保するために債務者から債権者へ提供されるものが担保となります。

多重債務者

本人の返済能力を超えて、複数の業者から借り入れをしている債務者のことをいいます。既借入金の元利支払いの本ため、高金利で新たな借入れすることによって、自転車操業的状態になるために多重債務に陥る傾向が多いです。

結果として自己破産になるケースが多く、それを防ぐためには、債務者は、借入金の元本と金利の返済の計画を事前にきちんと立てて、自己の責任の範囲内において、借り入れを行うというのが重要になってきます。

既借入金の元利支払いのため、新たな借入れすることによって、返済が困難になり多重債務に陥る傾向が多いです。

スコアリングシステム

消費者の信用をデータから計数的に判断するシステムのことをいいます。年齢、居住状況、勤続年数、年収、借入れた金額・件数などの情報と、他社の借入額や支払い状況などの信用情報機関の情報をもとにコンピューターによる計算により審査の可否の結果が出ます。

その結果に応じた支払い可能な水準、その信用度合いに応じて信用供与し、限度額を決定します。コンピューターで貸し出しの審査をするので、申し込みから貸付までの期間を短縮することができるというのが特徴です。

消費者の信用をデータから計数的に判断するシステム