異時廃止などについて

カードキャッシング

クレジットカードやローン専用カードで(通常、クレジットカードの場合は20万円以下)融資を受けることをいいます。CDやATMによるキャッシングサービスが普通ですが、提携銀行やカード会社の窓口でキャッシングサービスを受けることも可能です。

その利息は利用日数により計算するので、返済時期が早いほど、利息が安くなるというのが特徴ですが、返済できなくなってしまうほどの借入をしてしまうことがあるので、返済計画をしっかり立てて借りるということが必要をなってきます。

クレジットカードやローン専用カードで(通常、クレジットカードの場合は20万円以下)融資を受けることをいいます。

異動情報(ブラックリスト)

ブラックリストのことを指します。日本の個人信用情報機関では、延滞や債務不履行になった債権の情報について「異動情報」と呼びます。個人信用情報機関が交流しているのは「異動情報」のみで、また、交流される異動情報は長期延滞債権(3ヵ月以上の延滞債権)など限定されています。

返済の延滞や債務不履行があると異動情報にのってしまうと、借り入れがしにくくなります。貸付の判断材料にならない個人の情報(借入残高など)の交流は個人情報保護法により規制されています。

返済の延滞や債務不履行があると異動情報にのってしまうと、借り入れがしにくくなります。

異時廃止

破産廃止の一種のことです。破産宣告の後、破産手続きの進行中に、裁判所が破産財団をもって破産手続の費用を賄うことができないと認めたときに、破産管財人の申立て、又は裁判所の職権によって、破産手続きが廃止されることをいいます。 また、この場合、異時廃止の決定をするには、債権者集会の意見を聞くことを必要とします。破産手続の費用を賄うだけの費用を予め納めていると、この決定はなされません。破産廃止については、この異時廃止の他に同時廃止があります。

また、この場合、異時廃止の決定をするには、債権者集会の意見を聞くことを必要とします。