ミニマムペイメントなどについて

名義貸し

自分の名義を、他人のために貸すことをいいます。信用力がないために貸付の契約ができない他人の変わりに、融資を受けるので契約上の名義人になります。

契約者に返済義務があるため、どのような場合においても返済するのは契約者になります。依頼された人に逃げられるなどの被害も増えているため、名義貸しをするのは避けましょう。

契約者に返済義務があるため、よほどのことがない限り名義貸しをするのは避けたほうが良いでしょう。

無担保貸付

消費者の返済意思や返済能力などの信用力を最大の担保として、物的担保や保証人を必要としない金銭の貸付のことをいいます。消費者金融は主にこの形態をとっていますが、銀行などの金融機関よりも融資の利率が高いのが特徴です。

銀行などの金融機関は株式などを担保とする場合が多いですが、個人の顧客が多い消費者金融では、担保とするものがないことが多いので、当然のこととしてリスクも高くなります。それが理由で高い金利になるのです。

消費者の返済意思や返済能力などの信用力を最大の担保として、物的担保や保証人を必要としない金銭の貸付のことをいいます。

ミニマムペイメント

リボルビング契約における、毎月必ず支払わなければならない最小の金額のことをいいます。クレジット契約では契約の際に利用限度額に応じてこれを設定するものが多いです。

また消費者金融では借り入れ元本に対してミニマムペイメントが設定されていることが多く、その基準は各事業体によって異なります。アメリカでは、ミニマムペイメントが借り入れの2%というものもあり、高額な商品を買いすぎて、自己破産に陥った人も多いため、借り入れの際は注意が必要です。

クレジット契約では契約の際に利用限度額に応じてこれを設定するものが多いです。