どれくらいのスコアが最低限必要なのか?

応募条件はどれくらいになっているのか?

グランドホステスになりたい。

将来進みたい進路が決まった。私はグランドホステスになりたい。

でも英語系の学校には行っていないのでそれほど英語力には自信がなく、グランドホステスになるために必要な英語力を今から身につけなくてはいけなくなりました。

目標としてどの程度の英語力が必要とされているのか?どのように勉強したら良いのかを先輩に尋ねたり、本で調べたりするうちに私もグランドホステスになれるだろうという確信が持てました。

英語の学科を専攻しなくても大丈夫、英語力を効率良く身につけられる方法が私に自信を与えてくれました。

TOEIC600点ってどれくらいの英語力なの?

グランドホステスの求人欄では、学歴は短期大学もしくは4年制大学卒業というのがほとんどで、TOEICの点数は最低でも550点、できれば600点以上のスコアが望まれるところです。

TOEICは2006年5月より内容が変わり、受験者の3割強が「難しくなった」という印象を持っているようです。

そんな中、TOEICで600点以上のスコアを得るためにはそれなりの努力は必要でしょう。てっとり早く600点を取る勉強法とは?

私のスコアが600点くらいだったころの英語力は、外国で旅行をしてその土地の有名な食べ物や観光スポットなどを質問して理解できる程度でした。とはいっても、ネイティブにしてみればゆっくり分かりやすい英語で話してくれていたとは思うのですが…。(何回もSorry?って聞いていたので、向こうも気を使っていてくれていたハズです。

正直、その時はもっと点数が取れると思っていたので、結果が来た時にはショックを受けましたが、得点を上げるにはやっぱりTOEIC対策の「勉強」は必要だなと思い対策勉強を始めました。

テクニック的なところも磨いていった結果、それから3ヶ月後のスコアは881点にまで上昇させられました。そこで思ったのが、やはりTOEICのスコアが必要なら「そのための勉強」は必須であるということです。ちなみに私が実践した方法はこちらを参考にしました。

日本人はやはりリスニング力が最大の課題です!

リスニング力をつけるコツはただ一つ。たくさん聞くこと。

やはり@面白い内容をA何回も繰り返し聞くことが最大の秘訣です。>>>イングリッシュ・アドベンチャー

サイトMENU
スポンサードリンク

プリーズ