ご訪問いただきありがとうございます

医療事務を志す方へ 〜当サイト管理人より〜

医療事務の仕事は数多くある資格試験の中でも人気No.1の資格であると言われることも多く、実際にたくさんの方々が資格を取得して医療事務員として働いています。

実際には医療事務として働くことにおいて資格を取得していることは必須ではありません。就職して実際の仕事を覚えていくという人も数多くいるようです。

私は難易度もそれほど高くなかったこともあり、資格を取得してから就職活動をしようと考えました。働く前に医療事務として必要な知識を蓄えておく方がスムーズに働けるだろうと思ったし、なによりも就職活動時において資格を持っている方が採用されやすいだろうと考えたからです。

結局、通信講座で3ヵ月ほど勉強して医療事務技能審査試験2級を取得してから就職勝度を始め、1社目で採用してもらうことができましたが、それは資格を取っていたからかどうかはわかりません。ただ、医療事務の資格の勉強をするなかでやはり自分の適性に合った仕事であると認識できたという方が大きかったように思います。仕事をしてからこんなはずじゃなかったなんて思うことは未だにありませんからね。

実際に自分で仕事をしてきて、また、先輩や同僚の人と仕事をしてきて思うことは、仕事に対する姿勢こそが大切であるということ。患者さんの生命に関わりうる仕事をしているという意識、接遇の大切さなどを実感してプロフェッショナルとして働く姿勢ことが大事であると思っています。

医療事務はイメージが良く、人気が高い資格だから興味を持つ。それ自体は特に問題ありませんが、実際に仕事に就くとなれば生命関連の仕事をしているという気構えを持って仕事にあたって欲しいと思います。当サイトでは、これから医療事務として働きたいと考えている人に向けた内容としておりますが、このようなプロ意識を持って働ける方々にご覧になって頂きたいと切に願っております。

初めての方はこのページからどうぞ!>>>医療事務資格の選び方のポイント