役割をイメージしてみよう

どんな仕事内容ですか?

医療事務といっても様々な働き場所があり、それによって異るため一概には言えませんが、基本的には、患者の応対、電話対応、会計、診療報酬請求業務(レセプト業務)、秘書業務などが主な職務内容です。

病院へ行った時のことを思い出して欲しいのですが、病院へ入って初めてお話をする人、その人こそ医療事務の人です。患者さんに対しての応対、その裏では会計や診療報酬請求業務(レセプト業務などをするような仕事が一般的な役割です。

患者さんに対しては、一番初めに接し、同様に一番最後にも接するといういわばその医院の顔ともなる仕事ですし、医者に対しては、医者や看護師の補助をする役割をします。

このように医療事務は、いろんな役割を求められる仕事であるといえます。

求められるスキルや資格

医師や看護師のような仕事は国家資格がないとその職業に就くことはできませんが、医療事務の仕事において資格(医療事務の資格は民間の資格です)は必須ではありません。

就職の際にも経験や資格は不問としているケースも少なくありませんので、厳密にいえば就職において資格は必須のものではありません。

ですが、通信教育の資料請求数No.1といわれることもあるように、多くの人が資格を取得して就職活動を行っているわけですから取得していないが故に就職できる確率が減ってしまう可能性も考慮に入れておく方が良いでしょう。

受検の科目に含まれないませんが、接遇態度、パソコンスキル、マナーなどはこの仕事をする上で欠かすことのできないスキルであるため、資格を取って満足をすることのないよう、これらの力も養成しておきたいところです。