腱鞘炎で指が痛いならこの対策をしよう

プロが教えるカンタン治療法

腱鞘炎での指の痛みはとても辛いです。その中でも親指の付け根は毎日たくさん動かす部分ですから、腱鞘炎のために痛みがあると不便でもありかつ、痛みを感じる頻度も大変多くなるでしょう。

腱鞘炎で指が痛い方のための対策法を当サイトではお伝えします。

病院での治療法は…?

腱鞘炎になってしまい病院へ行くと、まずは検査のためにレントゲン写真を撮影されます。そして腱鞘炎であると断定できたのちに患部に炎症を止める注射を打ちます。

注射の貼り自体は、献血などの通常の痛みと変わりませんが、炎症を止める薬を注入する際にかなりの痛みを伴います。私も昔は親指の付け根の腱鞘炎になり病院へ行き注射を打ってもらったのですが、かなりの痛みに驚いてしまいました。注射には慣れているので何のことなしに手を出していたら予想以上の激痛がありました。

注射後1日程度ですっかり腱鞘炎の痛みもなくなるのですが、もっと早く自宅での治療法を知っていたらあの注射の痛みを経験しなくても済んだのに…と、自宅で腱鞘炎を治す方法を知った今となっては思うわけです。

どのように自宅で治せるの?

東京の五反田にて「アスカ鍼灸院」の院長をしている福辻先生による監修の「腱鞘炎克服プログラム」は、誰でも自宅で簡単に腱鞘炎の痛みを解消できるものです。

毎日多くの患者さんを診てきている中で、腱鞘炎の根本的な原因に着目してできたプログラムは、福辻先生ならではの治療法で、数多くの人が腱鞘炎の痛みから解放されており、サイトにも多くのお便りが掲載されています。

治療法はとても簡単。だれでもできるようなちょっとしたトレーニングを自宅で行うだけでいつ間にか痛みが消えているといった感じを受けました。

分かりやすいテキストによって指導を受けることができますので、自宅で簡単に治せる他、あなたが周りの人の腱鞘炎を自宅で治してあげることだって可能となるでしょう。

サイトMENU
スポンサードリンク

プリーズ