お化粧の仕方の基本を学ぼう

まずは基本をしっかりとさせましょう。

化粧の仕方の基本って、意外と知らない人が多いようです。

なんとなく我流で化粧をしている人がほとんどで、その結果、変なメイクをしてしまっているという人は多いのですが、あなたの周りにも心当たりがありませんか?

化粧の流行は時代によって移り変わっていくものですが、メイクの基本というのは不変で、この基本がしっかりできていれば、流行りの化粧をしても的外れな感じになることなく、流行の顔立ちになることができます。

誰に聞いていいのか、どこで学ぶことができるのかがわからないというのが、かわいい化粧の仕方に対する知識であるというのが大半なようですが、あなたは化粧の仕方の基本をしっかりとマスターしている自信はありますか?

当サイトではこれから『化粧の仕方の基本から応用まで』をお伝えしていきます。

流行りのメイクに対応する方法

テレビを見ていると、流行りのメークアップアーティストが出てきて、現在の流行りの化粧の仕方について伝えていることがあります。変身前後で比べてみるなんていう企画もありますが、結果を見てそのメーク法に驚く人も多いのではないでしょうか?

書店へ行くと、流行りのメーク法についての書籍も数多く出版されています。

毎年のように流行りの化粧の仕方を学んでいくのも結構ですが、しっかりと基本をマスターした上でなければ上手な化粧の仕方が身につくなんてことは難しいでしょう。

何事も基本が大切です。基本をマスターした上で初めて、流行りに合わせて変化をつけていくといった応用が可能となるのです。風変わりなメークをしてしまう原因はここにあり、基本を知らないまま流行を追ってしまった結果なのです。

化粧の仕方の基本についてはこちらかからどうぞ⇒化粧の仕方の詳細(準備中)

男性から見る化粧

私の旦那(正確には昔の…)から聞かされたことですが、世の中の男は化粧についてそれほどいい印象を持っていないようです。

明らかに「塗ってきました〜」というのはかなりのドン引きだそうです。女性側としてはキレイになろうという一心で化粧をしているはずなのに逆効果だということです。

むしろ、スッピンくらいがいいなんていうくらいですが、一緒に出かけるとなると化粧くらいすれよというわけです。

全く矛盾する話です。

しかし、考えるに、ハデハデに塗るのではなく、軽くさらりとお化粧をするといった感じでかわいくなれればいいということなのです。そうなるとやはり、ベースがそれなりのモノでなければいけないということです。

素肌がキレイなら薄く色味をつけるだけでいいわけですし、結局のところシミやシワなどを隠そうとした結果、「ベタ塗り」してしまうわけですからね。

化粧の仕方と同時に美肌対策やアンチエイジングなどの知識や取り組みが必要不可欠なことだと痛感しました。

全く理不尽だと思っていた(昔の!)旦那の言い分にも、学びの種が隠されていることを発見し、懐かしく思いだされる今日この頃というわけです。