お腹の肉が気になる時

絶対に見られたくないから…

プールは男女ともに半分裸の状態でいるようなものだ。

7〜8年ほど前からずっと週に1〜2回はプールに行って水中ウォーキングをしているのだが、お腹の肉が気になっていた頃は周りに知り合いはいないかと常にキョロキョロしながら過ごしていた。このお腹の肉を見られるわけにはいかない!というわけです。

もしかして職場の人が来たりするかも…。とか、彼氏の友達が来てたりして…。なんて思いながらドキドキしながらひたすら水中を歩いていた。

水中ウォーキングの良いところは、40〜50分も歩けばくたくたになるほどの負荷をかけられること。水圧を押しのけて歩くわけだから通常の散歩に比べてかなり運動効率が良い。

少しの時間で多くの時間を割いて行う運動に匹敵すると思い通っていたのだけれど、いっこうにお腹の肉はとれず。。。

まぁ、週に1〜2回程度では少なすぎるのですけれどね。

ただひたすら50mプールを往復するだけなので、とーっても暇。だから、週に2回が限界となる。考え事をするネタをいつも仕込んでから40〜50分歩いていて、ネタがなくなると(考えがまとまると)時間が過ぎるのがとても長く感じられる。それがこの水中ウォーキングの欠点でしょうかね。

お腹の肉が減ってからは…

お腹の肉が減ってからも水中ウォーキングは続けています。効率的に運動できるのはやはり魅力的ですからね。

ただ、プールで人に会うのは恐れなくなりました。自信を持って水着姿を見せることができるようになったわけですから。といっても、誰とも未だ顔を会わすことはないのですけれど…。もしかして全く恐れる必要がなかったのかもしれません。

あとはもう、太らないための運動という位置づけなので、無理のないように週に1回程度の水中ウォーキングをして、その他はジョギングをするのが日常となっています。

お腹の肉を減らすことができると、あとはその状態を維持するという目的に変わりました。維持するという考え方に変わると楽にエクササイズすることができて楽しさすら湧き出てきます。