どのようにしてお腹の肉を減らすことができたのか

内臓脂肪は付やすく取れやすい

メタボの恐ろしさを認識した今こそが、メタボ対策の一番の機会となるはずです。

早速、今からメタボ対策に取り組もうという方のために、私が紆余曲折して辿りついたメタボ対策の生活習慣を書いておこうと思います。

参考になるものがあれば是非取り入れてみてくださいね。

<はじめに>

●基本的な考え方

内臓脂肪は付きやすく取れやすいです。ですから、生活の悪習慣を断ち、内臓脂肪が付くことを阻止しながら脂肪を燃焼させる行動をすることで少しずつ着実に内臓脂肪が取れ、キレイなお腹周りを手に入れることができるでしょう。

適切な対策によって、毎日確実に改善するはずですから、諦めずそしてすぐに結果を求めることなく長い目で着実に進んでいって欲しいと思います。

やれば結果は必ずついてきます!

私が実践していること

@野菜スープと一緒に食事を摂る

カツオと昆布でダシをとり、すったショウガを入れ、人参・玉ねぎ・ピーマン・セロリ・キャベツ・トマトを刻んで煮込みます。食べるスープとして食事の度に摂ります。

これは、内臓脂肪解消のための料理として本に紹介されていたスープで、健康増進にも役立ちます。

私は食事の始めのうちに、どんぶり一杯分のスープを食べるようにしています。お腹も膨れるので、それ以外はお米(玄米)とわずかなおかずで満足します。

おかずは大好きな鳥のから揚げなんて食べたりしますが、全く問題ありません。

また、たくさんの野菜を摂ることになるので免疫力が上がるのか、風邪もひきにくくなります。

A歩くのが楽しくなる工夫をする

ブーツ好きなので、思い切って2足のブーツを買って、皮をなじませるために歩きたくなるようにしました。

結構な出費となりましたが、運動不足で病気になるより100倍マシだと言い聞かせて奮発しました。おかげで雨の日以外は毎日歩いています。(30分程度)

オシャレな運動着やスニーカーでもいいかもしれませんね。

B期限があるスポーツクラブの会員になる

週に1回だけスポーツクラブへ行って筋力トレーニングと水中ウォーキングをすることにしています。回数券だと「今日はいいか」となりやすいですが、使用期限のある会員だと「行かなきゃもったいない」と背中を押されます。

「やる!」と決断した時が最もモチベーションが高い時のはずですから、1ヶ月間くらいは毎日通ってみるというのもアリだと思います。思いっきり筋力をつけて、基礎代謝を上げておくと脂肪燃焼が効率良くできるようなり、お腹の肉を減らすスピードも早まるでしょう。

スポーツクラブの類は飽きやすいので、初めの1ヶ月間だけ集中的に毎日通い、それ以後は週に1〜2回程度がいいかと思います。それ以上だと、自分との闘いに負けて行かなくなってしまう可能性が高まるような気がします。

C食べる喜びをなくさない

大好きな甘いもの等を食べなくするというのはかなり精神的にも厳しいのではないでしょうか。

私は朝だけ甘いものを「解禁」しています。それでも、少しの量にしてそれをゆっくり味わいながら食べるようにしています。

残りはまた明日のお楽しみ♪ということですから、我慢もしやすくなります。

D好きなスポーツをする

過食の原因の一つとしてストレスが挙げられます。食べることでストレスを解消するという人は多いようです。私も仕事上のストレスはアフター5に持ちこしてしまい、過食をして解消するということを繰り返していました。

ですが、今は大好きなスポーツをするようにして解消することにしています。

元ソフトボール部だったこともありバッティングが好きなので、バッティングセンターで打ち込み、すっきりさせてから帰宅しています。

職場の嫌なことも忘れて、過食もすることもないですし、運動をしてカロリーも解消させられます。

Eやせる体操をする

背伸びや呼吸法なども痩せるための方法にすることができます。

その他、デスクワーク時や睡眠時にも痩せるための方法があるということを知りました。

これを知ってからは、本当にダイエットは簡単になりました。お腹の肉が取れる方法としてこれから普及していくのではないかと思っています。

詳しく知りたい方は次のページにて⇒ お腹,ウエストのオリエンタルダイエット