行政書士の需要

資格をとったら仕事がたくさんありますか?

行政書士の需要は高いですか?と問われれば、確実にYESという回答を得られるだろう。

それどころか、行政書士の需要は年々高まってきている。

行政書士の主な仕事は、役所に提出する書類作成の代理であるが、その申請書類の種類は一説には1万種類くらいあるとも言われており、知識のない素人が作成できるようなものではないことが多く、行政書士にその代行を依頼することになるからだ。

また、行政書士の資格を取得できたら年収が上がったり、独立開業することができますか?と問われれば、その人の能力次第によるという答えが大半となるだろう。

つまり、行政書士の仕事は数多くあるが、どれだけ仕事を受注できるかで、独立開業して経営を続けられるかどうかがかかってくるのだ。また、独立ではなく、行政書士として就職口を探しても思ったほど就職口はなく、行政書士として働くなら独立する方が可能性は広い。そうなると、結局は仕事をとってくる営業力や人脈が、行政書士の仕事をしていく上で重要になってくるのだ。

しかしながら、役所への申請書類が多いということは、様々な分野が存在するわけで、自分が開拓する分野によっては仕事を受注する確率も上がることが考えられる。その他、新しく誕生する分野などは当然あるわけで、そういったところに食い込めるかどうかも大きなカギとなるだろう。、

行政書士の需要はあるが、独立して経営していくには、既存の行政書士との競合などに勝ち、新規開拓できるような営業力も欠かせない力となっていくだろう。

まずは勉強のための資料を手に入れよう

行政書士の資格取得のための勉強として受験生の多くは、@専門学校、A通信教育という選択肢のどちらかを選択している。

通学する時間やお金の余裕があるなら通学する方が合格率は高い。やはり生の講義を受けられることや、周りのライバルに刺激を受けられるという滅利とは大きい。

通信教育は、時間やお金の面で制限がある社会人に好評だ。自分のペースでできるのが最大のメリットで。今はテキストやサポート体制も充実しており、毎年多くの合格者を排出している。

どちらが自分の現状に適しているかを考え選択した後は、どの学校(もしくは通信教育会社)にするかを検討する。

2〜3つ程資料を請求して自分に最適と思われるところを選択するのが失敗のない選択方法だと思われる。検討のための資料は無料で提供されるものが多いため、そういったものを利用するのが賢い方法である。

資格試験について

●行政書士の試験内容は以下の通り

【行政書士の業務に関連する必要な法令など】

憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学

【行政書士の業務に関連する一般知識など】

政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解

●合格率:5〜9%程度

●試験儀:毎年11月の第2日曜日

サイトMENU
スポンサードリンク

プリーズ