その行為は手あれに繋がってしまいます

一番の原因は洗剤を使う仕事

食器洗いやお風呂洗いに使う洗剤はかなり手に堪えます。食器洗いやお風呂洗いの際にはニトリルの手袋をはいて行うことで手あれはかなり軽減させることができます。

また、料理の際にもできればニトリルの手袋をはくことをお薦めします。ネギ系の汁が手にかかると湿疹ができてしまう人がいますが、その湿疹も重度だと、極度のかゆさを伴い熱を持ち、かゆさがひいたときには手の皮がむけてしまう結果になってしまいます。ネギ以外にもそのような影響を与えるものもあるかもしれませんので注意が必要です。

ニトリルの手袋があなたの手を救う

手あれ対策にはかなり重宝するのがニトリルの手袋です。

薬局で売っているワンユーズのタイプが薄くて便利です。とはいえ、かなりの強度があるので破けて使えなくなるといったことはほとんどありません。

私はその手袋を何度も使用していますし、風呂場に一双置いて、風呂洗い専用として何度も繰り返し使用しています。

このアイテムは手あれ対策には欠かすことのできないものです。

その他の薬

毎日何人にもシャンプーをする美容師さんや、洗いものをたくさんするフード系の仕事の人の多くは手あれで悩んでいると言われています。

そんな人のためにと最近、手あれ対策の保湿剤が開発されてきているようです。

私はまだ試したことはありませんが、こういったものを試してみるのも手あれ対策としてはいいかもしれません。

私も試す機会があればまたこちらに記事を書きたいと思います。