自動車整備士の資格

どんな仕事でしょうか?

自動車整備士としての仕事は、車の故障時に修理したり、車検や定期点検時の作業や、消耗品やタイヤの交換など、車全般の仕事をする職業です。自動車の修理と定期点検の2種類に大別することができる。

民間の修理工場や、車のディーラーやカー用品販売店の現場での仕事などで働くことが主ですが、修理工場として独立して経営している人も見受けられます。

自動車整備士の仕事は、人の命を左右しかねない自動車のメンテナンスに関わるものですから、確実な知識のもとに慎重に行う必要のある仕事です。

資格について

自動車整備士の資格取得のための能力を養成する施設があり、実務経験がある人は、各都道府県自動車整備振興会が運営する自動車整備技術講習所で、実務経験がない人は、専門学校、高等学校、職業能力開発校で資格取得に必要な学習を行います。

資格は一級から三級まであり、それぞれ受験資格も異なり難易度も変わってくる。

扱うことができる車の大きさによっても大型と小型の区別がある。ちなみに、普通自動車は小型の資格で扱うことができる。

先輩の声

昔から車が大好きだったので、自動車整備士として働くのはとても自然だったような気がします。

自分の車を修理することもできますし、友人などの車も直せるのがいいですね。まさに、手に職をつけることができていると思いますね。

手に職をつける資格は、好きなものと関われるものにしてよかったです。仕事は辛いという人が多いですが、私はそれほど苦ではありません。だって、好きな自動車と接していくことができる仕事ですからね。

手に油がいつもついているような仕事ですが、好きなことを仕事にしているという幸せを感じられています。