国際的な力をつけるためにすべきこと

どんな仕事があるのでしょうか?

英語力が必要な仕事として真っ先に思いつくのは、外資系の企業、グランドホステス、CA、通訳、翻訳家、英語教師といったところでしょうか。いずれも高度な英語力が必要とされます。

また、現在の仕事を続けていくことで、ある程度の英語力が求められるようになるという人もいるかもしれません。英語の授業が必須項目となった小学校の先生や、会社の公用語を英語にするといった企業も増えてきています。

小学校で必須化されたわけですから、小学校の入学前に英語を習わせようという親が増えることは間違いなさそうです。幼児教育と英語教育ができる人材が重宝させるようになりそうです。

今後、仕事をしていく上で英語が必要になるという人が増えていくのではないでしょうか。ということは、これから仕事に就くという若い世代にとっては、学生時代に英語力を身につけておく必要性がますます高まっていくでしょう。

英語力をつけたいなら、今までの学習方法では無理です(中学・高校と6年間勉強しても話せないことで証明されている)正しい学習方法をすることで確実に英語力は上がります。今までの苦労がもはやバカらしくなってしまいます…。 正しい英語学習法と正しい学習教材について(外部サイト)

仕事以外での使い方

仕事で英語を使わなくても、英語力があることで生活の質が変わります。

英語以外の言語でもこれから述べることは同じですが、世界公用語として定着した感のある英語は幅広く使うことができます。

海外旅行へ行く際には顕著で、英会話ができると地元の情報を仕入れやすくなりますし、より内容の深い度をすることも可能となるでしょう。

また、日本にいても、世界で報じられている情報を知ることができ、情報量と質においてかなり有利となります。

日本で起こった大震災に関する情報も、日本国内で報道されるものと、外国が報じるものとでは内容が異なりました。客観的な情報は時に、大局的な情報をつかむのに有益となります。

英語に関する資格

英語力を活かした仕事に就く際に、英語力の証明となるものとしてTOEICやTOEFLのスコアが一般的には用いられます。

ですが、やはりテストによって適切に英語力を測るというのは難しく、ある程度「テストのための勉強」をした人が高得点を取ることができるような仕組みとなっています。

ネイティブクラスの英語力があればそのようなテクニックはいらないテストではありますが、そうではない非ネイティブである場合、テストのためのテクニックを身につけることもテストで高得点をとるためには必要な知識であると言えます。

TOEIC対策で高得点を取りたいならこれを学びましょう⇒ 「反則スレスレ」新TOEICスコア150UP法