大人気のFPについて知ろう

どんな仕事ですか?

金融業界(証券会社や銀行など)、不動産会社、FP専門会社などのFP部門で働くことが多いです。顧客を得られるようになれば独立開業することも可能となるでしょう。

相談に訪れた顧客の生活に合わせて資産の運用、保険、相続や税金対策など、資産設計全般についてアドバイスする仕事を行います。

資格を取るために

FPには、一般的によく知られているAFP資格のほか、世界20ヶ国地域で導入されている上級の資格であるCFP(Cretified Financial Planning)の2種類がある。

◆試験内容(AFP)

学科試験(ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承)、実技試験(関連業法などを踏まえたプランニング、そのプロセス、顧客の状況分析と評価、プランの検討・作成と提示)

◆合格率

AFP/学科30.6%、実技20.5%

CFP/10.5%