トリマーの需要

どのような仕事をするのか?

トリマーとして働く場所は主に、ペットショップや動物病院、ペットサロンとなります。そこで、犬や猫のシャンプーやカット、爪切りやヒゲ切り、耳掃除などのケアの他、動物ケアのプロとして、病気などの確認もします。例えば、耳や皮膚などの病気の早期発見に努めたり、ノミやダニがついていないかなど、飼い主さんが気がつきにくいところを見ていくことも大切な仕事となっています。

ほとんどの職場はそれほど規模が大きいところではないため、そのようなケアなどの仕事以外にも受付やカルテ作成などの業務も仕事内容に含まれているところもあるでしょう。

動物とその飼い主さんと全般的に関わりの持てる仕事であると言えるでしょう。

トリマーの講座・スクールについて(※資料請求は無料です。)

なるにはどうしたらいい?

トリマーになるために必須な資格はありません。上記のような職場に就職してトリマーとして働くことは可能ですが、一般的には専門学校で知識の習得と実践練習をし、資格を取得して就職する人が多いです。就職せず、個人的にトリマーの仕事をすることも可能ですが、顧客を集めることは難しく、それだけで生計を立てるというのは難しいでしょう。

トリマーには民間の資格がいくつかありますが、JKC(ジャパン・ケネルクラブ)公認トリマーライセンス、社団法人日本愛犬技術者指導協会が認定するトリマーの資格、ICC(インターナショナル・キャット・クラブ)が認定する資格(猫のみ)などがあります。専門学校によって取得できる資格が異なりますので、専門学校を選ぶ際には取得可能な資格についてもしっかりと調べておきましょう。

先輩の声

動物が好きで、動物に接することができるこの仕事が好きです。

また、友人の家の犬などのカットなどをして副業ができるのも魅力です。手に職をつけることってこういうことなのかな〜なんて勝手に思っています。

少子高齢化社会だからか、寂しい人が増えてきたせいなのか、ペットを飼う人の割合は増えているように思います。そういったことから、トリマーの需要は増えていくような気がします。実際に私も知り合いの人を顧客に抱え、5人のペットのケアをさせてもらっています。

もともとは専門学校を卒業してペットショップで働いていました。3年間働いて結婚を機に退職。それから時間のあるときに友人の依頼を受けて、副業のようにやる生活が始まりました。

手に職をつけることで、副業ができ、しかもかわいい動物たちに触れ合えるこの仕事は私のお気に入りです。