人気が高いから激戦職業のようです

憧れの仕事でも上位にランクイン

美容師の仕事は、憧れの仕事ランキングでも常に上位をキープしている、人気のある仕事ですからやはりライバルが多い仕事であると言えます。

やはり人気の理由はカッコイイということでしょうか。オシャレな職場で、オシャレをして、人が美しくなるのを手助けする仕事はやはり魅力的です。

しかしながら、志半ばで辞めてしまう人も多く、その大変さがうかがえます。

道のりは決して平たんな物ではないと思いますが、いつまでもカッコイイ仕事をすることができたり、腕を磨いて有名になり芸能人やモデルのカットをするようになると、お客の絶えない美容師として活躍することも可能です。

将来的には独立して自分のお店を経営することも夢ではないでしょう。

まさに、手に職をつけるという観点から見ると魅力のある仕事であると言えます。

美容師になるには?

美容師になるには、厚生労働大臣指定の美容師の養成学校を卒業して国家資格を取得する必要があります。

その後、既存の美容室で働きながら修業し、一人前の美容師になるのが一般的です。

国家資格を取って美容師になったとはいえ、初めのうちはお客さんの髪を切ることはできず、シャンプーや掃除などの仕事をしながら閉店後などにカットの練習を重ね、一人前になったと判断されて初めてお客さんの髪の毛をカットすることができるようになります。。

また、社会人・接客業としてのマナーから挨拶の仕方などの基本的なことも指導しているというところが大半です。接客のプロとして、また、美容のプロとしての仕事が求められてきます。

シャンプーなどを扱う仕事柄、手あれの悪化、仕事に費やす時間が長いということなど困難なことがありますが、毎年多くの美容師の卵が養成学校を卒業し、美容室に修行に訪れます。

先輩の声

私が通っていた美容師さんに憧れて、私も美容師を目指しました。やはりオシャレをしてかっこいいお店で働けるのが魅力的でした。そして、美容とかファッションに興味があったし、手先も器用なので自分でも向いているかなと思ったのも関係しています。

実際になってみて想うことは、お客さん時代に見ていたことはその仕事のほんの一面に過ぎなかったこと。いいところしか見えていなかったということです。今となっては当然のことなのですが、昔は全くそんなこと想像もしていませんでした。

まず、自由な時間があまりとれないことと、シャンプーなどをたくさんするので手あれがひどくなるということが予想外のことでした。お客様のカットをできるようになるまでには相当な修行が必要で、閉店してから修行が始まるので、夜遅くに帰宅することになります。そして次の日の朝も早い時間から出勤です。

ですが、この修行も自分のためで、憧れの職業で生活するためと頑張り、遂にはお客様のカットができるようになりました。まだまだ未熟者ですが、お客様に喜んでもらえる仕事ができてやりがいを感じています。

どんどん技術を磨いて、いつかは自分のお店を出せたらいいなと思っています。