整体師として手に職をつける

なるにはどうしたらいい?

カイロプラクターや整体師として施術をするのに必要な資格はありませんので、厳密に言うと誰でも開業することができます。

一般的には、どこかのカイロプラクティックや整体院で修業をしたり、養成学校へ通って技術を身につけ、就職や開業をして働くことになる。

養成学校も、カリキュラムなどもまちまちで、卒業までの期間も半年のところもあれば3年間かかるところもあるが、様々なことを学ぶ必要があるため、最低でも2年間は必須であるという人も多い。

養成学校を選ぶ際には、安易に卒業までの期間が短いところを選ぶというよりは、どんなカリキュラムで行っているのか、卒業後の進路はどんな実績があるのかなど、入念に調べる必要がある。

今やカイロプラクティックや整体院は数多くあり、熾烈な生存競争にさらされていると言って過言ではない。最終的には自らの技術が生き残るために必要なものとなるはずなので、しっかりとした技術を学べるところを選んでおきたいところです。

整体・カイロプラックティックの講座・スクールについて(※資料請求は無料です。)

施術師のレベル

宣伝広告などマーケティングが上手だというだけで一時的に繁盛し、時間の経過とともに患者が訪れなくなっていくところは意外と多い。

今や数多くこのような店が増えているので、お客は少しでも疑いがあれば違うところも試してみようと考えることができるからだ。別のところの技術が良いと思ったらすぐに乗り換えるというのは珍しいことではない。

結局はどれだけ上手に手に職をつけることができるかどうかにかかっているのではないだろうか。

あるカイロプラクターが言うのは、どの学校で学んだかを見えばある程度のレベルを知ることができるらしい。つまり、学んでもさほど腕が上がると思えないような学校も存在するとのことだ。実際に自分では開業して食べていけないようなレベルの治療師が、学校の講師などをして稼いでいるということも現実にはあるようで、ますます学校などの学ぶ場所の選定の重要さを知ることができる。

★家族などにマッサージをしてあげるくらいなら、これくらいが最適な手に職をつける技でしょうね⇒ やさしい整体テキスト

先輩の声

私の実家はカイロプラクティックを経営していましたので、私自身もカイロプラクティックには興味はありました。自分の親の仕事を見ていて、手に職をつけることに憧れがありましたが、親と同じ道に進むかは決めかねていました。

他にも手に職をつける仕事や資格があるだろうと探していましたが、自分が大人になるにつれて、カイロプラクターになりたいという思いが強くなってきたように思います。

ただ、カイロプラクターというのは厳密に言うと資格がなくても開業することができるので、それを知っている人は最初のうちは患者さんも疑いの目を持ってくる場合もあります。以前にどこかに通っていたけどあまり良くなかったという人も見受けられますし、信頼を勝ち取るための努力は欠かせません。

修行時代に真剣に取り組んだので、技術に関して不安はありませんが、日々進歩していかなければいけないと思っています。まだまだ知らなくてはいけないこともありますし、新たな発見もあるからです。

患者さんの大切な体を扱う仕事ですから、神経をとても遣います。毎日精神的にヘトヘトになって帰路につくような感じです。

手に職をつけるために、初期投資や仕入れが必要ないとのことで、稼ぎやすいと思い参入してくるところもありますが、思っている簡単な仕事ではないということを知って欲しいと思います。