エキスパート級のスキルを身につけよう

オフィスで活躍したいなら

今のオフィスワークにはPCスキルは必須です。マイクロソフト社のワードやエクセル、パワーポイントなどはほとんどの企業で活用しているもので、それを確実に扱える能力は、事務職として働くには必須事項ともなっています。

それらの力を身につけ、能力の証明として就職や転職に有効なのが、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)という資格です。

この資格だけでスペシャリストとして活躍できるといったものではありませんが、オフィスで働く上で必要なPCスキルを身につけることができるということを考えると、事務職を志望している人にとっては有益な、手に職をつける資格であると考えられます。

職場での活躍例

実際に「パソコンは使える」という人でも、ワードやエクセル、パワーポイントの能力をフルに発揮させれる人は多くはいないでしょう。会社などでも、「文書をこうしたいんだけど、どうしたらいいの?」と、”パソコン得意クン”に聞いている人はよく見かけられます。

会社にいたら意外と重用されるのがMOS取得者かもしれません。自らの仕事においても有益なスキルを身に付けているのでテキパキと仕事をこなせますし、職場内のPCスキルの向上のためにも寄与することができるでしょう。

IT研修会などが必要という会社も多いかもしれません。若年層も当然ながらいますが、多くの中高年はパソコンスキルに自信がないという思いを抱いているようで、研修会の講師役となったりと、PCスキルを活用している人も数多くいるようです。

PCスキルは今後も必須な能力であると予想されますので、手に職をつけることを考える人にとっては、考慮に入れてもいい資格ではないでしょうか。

先輩の声

高校の時にパソコンの基本的なことは学んでいました。時に何をしたいといったことがなかったので、フツーに事務仕事をすることになるだろうと漠然とではありますが思っていたので、パソコンだけはとりあえず基本的なことだけはできるようになっておこうということでした。

思った通り、とある工場の事務として採用され、ワードやエクセルを使う仕事をしていたのですが、同僚たちは意外とPCスキルは高くなかったので、社内でも「PCといえば私」といった雰囲気ができあがったくらいです。

事務職として働きたいと思うのであれば、PCスキルは持っておいてそんなないものだと思います。ずっと使っていける能力だと思いますし、手に職をつけるならこういったのは魅力的なのではないでしょうか。