マッサージ師で手に職をつける

どうすればなれる?

鍼灸あん摩マッサージ指圧師になるには、国家資格を取得することが必須です。

「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」はそれぞれ異なる別個の資格であるが、同時に取得する人がほとんどであるために、あん摩マッサージ指圧師という名称が定着している。

文部省認定の養成学校または厚生労働大臣の認定した養成施設で学び、国家試験を取得するというのが一般的な取得方法であり、資格取得後は、個人経営の鍼灸に就職、整形外科やリハビリテーション科、自分で鍼灸院の開業をして働くことがほとんどです。

勉強が必要な分野は、解剖学、生理学、衛生学など医学の基礎から学ぶ鍼理論、灸理論であり、しっかりと勉強することも必要な資格であることも知っておきたいことである。

はり・きゅう・指圧師の講座・スクールについて(※資料請求は無料です。)

需要の予測

高齢化社会と言われる今の社会では、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の仕事は伸びていくと考えられている。

しかしながら、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の仕事は年をとっても比較的やりやすい仕事であるために、新しく有資格者が増えるに従って、鍼灸あん摩マッサージ指圧師人口が増えていくということも考えられる。

つまり、需要の増加と共に供給する側も増えてきては、自分のところの患者数は増えていかないなんていうことも考えられる。

やはり手に職をつける系の仕事であるため、スキルの高さがものをいう世界である。技術が高いかどうかによって、今後は二極化していくことも充分に予測される。

ハイレベルに手に職をつけることによって価値を増していくことができるこの仕事に魅力を感じる人は多いことであろう。

先輩の声

私の両親が肩こり持ちで、よく鍼灸に通っていた記憶があります。自分がこの技術を取得していたら、辛そうな肩こりを軽減させてあげられると思ったのが、鍼灸師を志したきっかけでした。

もともと、手に職をつけることを欲していて、手に職をつけるなら家族の役に立てることがよかったと思ったわけです。

モグサでヤケドをしながらも、自らの技術を磨く日々が続きました。決して楽な修行ではありませんでしたが、私の施術で患者さんの体が楽になり、笑顔で変えられるのを見ると、私自身も元気を頂けるような気がしています。

帰省の際には、父母や祖父母のケアをしていますが、いつも喜んでもらえます。当初の目的も果たせることができ嬉しく思っています。