大人気の宅地建物取引主任者について知ろう

どんな仕事ですか?

宅地、建物など不動産の売買、交換、貸借の際に公正な取引を進めるために専門の知識を持って、取引の相手方に重要事項の説明などを行います。

また、不動産仲介業において契約締結の前の重要事項の説明や、契約締結後に交付する書面への記名、押印という業務は宅建有資格者のみが行える仕事となっています。

資格情報

◆試験内容

a.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び識別に関すること、b.土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること、c.土地及び建物についての法令上の制限に関すること、d.宅地及び建物についての税に関する法令に関すること、e.宅地及び建物についての需給に関する法令及び実務に関すること、f.宅地及び建物の価格の評定に関すること、g.宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること

◆合格率

17.1%