職業について考えてみませんか

気がつけば既定路線に…

多くの人が学校を卒業後、就職活動をする。あたかもそれが既定路線であるかのように。

 

本来、既定路線であるのは義務教育である小学校、中学校に進むことだけのはずなのに、「皆がするから」と高校や専門がっ子、大学に進学し、そして就職活動をする。

 

就職した会社を辞めるとなるとまた他の会社へ勤めることが既定路線であるかのように就職活動を行う。

 

まるで、会社勤めだけが仕事であるかのように…。

 

進学するのが悪いというのではない。もちろん会社勤めを否定するわけでもない。ただ、何も考えずなんとなくキテイロセンに乗っていくことに疑問を生じるのだ。

 

かくいう私がその、なんとなくキテイロセンに乗り、途中で見える景色に違和感を感じてしまい、このように自戒を込めて書いているに過ぎないのだけれど…。

 

何のためにするのか

 

進学するにしろ就職するにしろ、「何のために」するのか、それを明確にしておく必要がある。

 

そうしないと皆に合わせてただただ漫然と進んでしまうことになりかねない。皆に合わせることである程度の不安は解消されるけれど、本質はほとんど変わらないままだ。

 

自分は何のためにそれをするのか?

 

私はこの問いを自らに課しながら、本来すべきこのために針路を変えていきたいと思う。

 

今来た道もきっと糧になっているはずだと信じて進もうと思う。