独立して働くための方法

起業して自分の思うようにして成功したい

 

起業したいと思ったことがある人は多くいることでしょう。「いつかはきっと」と思いながら実行に移せない人も多いのではないでしょうか。

 

10年間続く会社はわずか20%程度だというデータもあります。儲かっているかは別にして、存続しているという数字です。

 

これを見るとなかなか起業する勇気が出てこないかもしれません。

 

それでも、会社勤めだけが仕事をする手段ではありません。自分の信念に従ってその2割に入ればいいだけです。起業してお金を稼ぐことや雇用を生み出すことで社会に貢献することができるはずです。

 

この仕事で独立したいという人、独立したいけれど何の仕事をしようかわからないという人がいるでしょう。

 

前者は例えばマッサージ師だったり飲食業だったりといったスキルを使って起業したいということでしょう。後者は何か稼げそうなビジネスモデルを探しているという人かもしれません。

 

そういった人の中で人気が高いのはフランチャイズでしょう。ある程度、成功した実績があり、そのノウハウを用いて起業できるというのは一種の安心感があります。以前はコンビニや飲食チェーンのイメージが強かったのですが、今は学習塾や物販店などが増加し、多種多様な業種でフランチャイズ展開がなされています。

 

あなたの興味がある業界の資料を請求してみると何かいい情報が見つかるかもしれません。

 

 

会社員とは異なる生活

 

起業したての個人事業主には、経済的な実績を作るまでは第三者の信用(経済面において)は低いものです。

 

会社員であるうちに会社員としての利点を活用しておく方がいいかもしれません。

 

また、自己を律する力がかなり要求されるものだと言われています。

 

会社員時代は定刻通りに出社する必要がありましたが、独立するとそのしばりが少なくなります。きょうはいいやと思えば休むことだってできます。

 

自由といえば自由ですが、会社員時代以上に自己管理が求められるようになってきます。