冷え性を招く環境

こんな環境が冷えを引き起こす

食べ物や食習慣以外に、環境も冷え性を引き起こす大きな原因の一つです。

体が冷える環境

  • 1:床がコンクリート造りの環境
  • 2:水をよく使う職種
  • 3:一日中費冷房がきいている環境

夏には暑い外気に対して汗を出し、気化熱として体の熱を逃がすような自然の体温調節機能が働きます。何も対策をしなくても夏には体が冷えるような仕組みになっていますが、寒さに対する準備は全くできていません。

そんな状態の中、冷房に一日中あたっていると、本能的に体を冷やしている機能に加えて、体を冷やすことになりますからダブル効果で体を芯から冷やしてしまうことになります。

芯まで体を冷やしてしまうと体の心である腰を冷やしてしまい、骨盤内部を冷やしてしまいますます体の不調を引き起こす悪循環を招くことになってしまいます。

環境を変えられないなら自衛手段を!

環境問題などからクールビズなどでエアコンの設定が低く設定されるようになってきたとはいえ、まだまだヒンヤリ室内のところが多いのですが、当サイトで紹介していますカイロ活用法などで自衛手段をとってなるべく体を冷やさないように努めたいところです。

環境を変えられないなら、自分でできる対策をしていきましょう!