体温を上げる生姜紅茶

効能・効果

冷え性対策を考える上で、生姜紅茶は簡単に体温を上げることができとても重宝します。

大多数の漢方薬に生姜が配合されているほど、健康には欠かせない生姜。生姜は体を温めてくれる食品で、血管を広げ、血圧を下げる作用があります。低血圧の人には逆に体を温めて血圧を上げる作用があるので心配なく摂取することができます。

また、血栓を溶かす作用もあり、脳の血流をよくするのでうつ病にも効果が期待できます。実際、うつ病のための漢方薬には生姜がたくさん配合されています。その他、内耳(耳の奥のほう)の血流を良くして目まいや耳鳴りに効く作用も確認されています。

生姜紅茶の作り方

  • 1:普通に紅茶を入れます。(ティーバックでも可)
  • 2:すりおろした生姜を好みの量入れる。
  • 3:最後に味付けとして黒砂糖かはちみつを入れて完成。

※黒砂糖は血糖を下げる作用や志望を燃やせる作用、減量する作用がありますので、肥満や血糖値の心配は要りません。

生姜紅茶を1ヶ月ほど続けて飲むと体温が1度くらい上がってきます。代謝も12%上がるので免疫力も上がってくるので、冷え性対策と同時に頑丈な体を手に入れることもできます。